AGAの進行を食い止めよう!

コスプレが原因でAGAの危険が高まるかについて

男性の髪の毛の悩みの一つでもあるAGAは男性型脱毛症とも言われ、こめかみの上からハゲが始まり、生え際が徐々に後退していき、前頂部や後頂部にかけて髪の毛が薄くなる状態となります。主な原因としては、男性ホルモンが影響している考えられておりAGAは、徐々にホルモンバランスが崩れていくことで進行していく特徴が見られます。
実際に日本全国でも約1200万人ほどの該当される方がいるとされ、そのうち約650万人の方が何らかのAGA対策を行ったりしたという統計も出ています。よくハロウィンなど催し物などでコスプレを行うことが流行していますが、それが原因としてAGAになるかと言えば、帽子等などの被り物をしたりすると頭部が蒸れることもあり、頭皮環境を悪化させ脱毛し易くなる可能性があります。
一時的なコスプレなどではハゲに繋がる原因とはならないものの、何度も繰り返し行うなどした場合には頭皮環境の悪化を招くため、被り物などを利用したコスプレを行わないことは無難です。つまりコスプレはAGAの原因には直接関係はありませんが、頭皮環境を悪化させてしまい、それにホルモンバランスが崩れてしまうことが重なると、ハゲの進行がより高まる危険が想定されます。
なおAGAは医療機関などで治療できるのでその対策の中にも、できる限り頭皮環境に負担をかけないプログラムを組むこととなります。またハゲが目立つところであっても、少ない産毛自体は残っているケースも多く、その産毛自体を育毛させる治療を施していく流れが一般的です。
その他にAGAの原因には遺伝とする説も存在しますが、遺伝が男性ホルモンの働きにも関与しているため、親が脱毛していたらその子供も脱毛する危険も高まると言われています。