AGAの進行を食い止めよう!

AGAとフィナステリドとツボについて

男性に多い男性型脱毛症は、欧米ではAGAと呼ばれています。
最近は、日本でもAGAと呼ばれることが増えています。
男性型脱毛症は、頭頂部や生え際が徐々に薄くなっていき、放置していると症状が進んでしまいます。
早い人は、20代で男性型脱毛症を発症します。
脱毛の初期は、毛包が早めに休止期に入り脱毛するため、太い毛が洗髪の時に数多く抜けるようになります。
そして、症状が進むと、地肌が見えるようになってしまうのです。
男性型脱毛症の大きな原因のひとつが、男性ホルモンの影響です。
男性型脱毛症を治療する専門クリニックでは、主に外用薬や内服薬を使った治療を行っています。
男性型脱毛症の治療薬として、日本で人気があるのがフィナステリドです。
フィナステリドは、成人の男性だけが服用でき、女性や未成年の男性は服用することができません。
フィナステリドは、飲む発毛剤として世界中で知られている治療薬です。
元々は、前立腺肥大症の治療のために使われていた薬でした。
しかし、発毛効果があることがわかり、現在では男性型脱毛症の治療薬として世界60ヶ国以上で販売されています。
フィナステリドは、脱毛の原因となるDHTという男性ホルモンを抑制することで脱毛を防ぎます。
半年から1年くらいで効果が現れると考えられていますが、半年以上フィナステリドを服用しても効果がない場合は、医師に話した方がいいです。
薄毛を改善するためには、専門クリニックでの治療と同時に、家庭でのヘアケアも重要です。
頭皮環境の改善に役立つのが、頭皮マッサージです。
育毛剤やオイルを使った頭皮マッサージは、頭皮の汚れを取り、血行を促進させます。
頭のツボを刺激する頭皮マッサージにより血行が良くなると、頭皮環境が整い、抜け毛防止効果が期待できます。