AGAの進行を食い止めよう!

AGAの原因と納豆について

男性型脱毛症の正式な病名は、壮年性脱毛症です。
アメリカやヨーロッパでは、男性に特有な脱毛症であり男性ホルモンが関係しているため、AGAと呼ばれます。
日本では、一般的に男性型脱毛症と呼ばれていますが、最近ではAGAと略されることも多くなっています。
男性型脱毛症を発症する原因は、人によって様々です。
遺伝や男性ホルモン、ストレスなどが複雑に絡み合って発症するケースもあります。
男性型脱毛症は、治療をしないで放置していると症状が進んでしまうので、早めに専門クリニックで治療を始めることが大事です。
抜け毛が気になる人の中には、ドラッグストアやネットショップで育毛剤を購入して使っている人も少なくありません。
頭皮のマッサージを行うと、血行が良くなって育毛剤の浸透を高めます。
薄毛の改善には、育毛剤などを使った外側からのケアも大切ですが、食事など体の内側からのケアも重要です。
育毛効果がある食品の中で、日本で人気があるのが納豆です。
納豆は、健康にも美容にも良い食品として知られていますが、薄毛の改善効果も期待できるのです。
納豆の原料となる大豆には、イソフラボンが含まれています。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同様の働きをします。
抜け毛は男性ホルモンの影響が大きいので、女性ホルモンを増やすことで男性ホルモンを抑えることが可能なのです。
納豆は、発酵食品なので栄養も豊富です。
髪を作るのに必要不可欠なタンパク質も豊富に含まれています。
さらに、髪に良い成分である亜鉛も含まれているので、多くの人が納豆を食生活に取り入れているのです。
体にも髪にも良い影響がある納豆を食べることで、抜け毛を予防する効果も期待できます。