AGAの進行を食い止めよう!

AGAは放っておくと進行する

AGAは20代から30代の若い男性に多いと言われている薄毛です。AGAの原因は遺伝子の影響によりホルモンバランスが乱れる事、そして体内酵素の5α-還元酵素が男性ホルモンのテストステロンと結合し、変換されたDHTと言う強制脱毛ホルモンがヘアサイクルを乱す事で抜け毛が多くなると言った特徴がります。ヘアサイクルと言うのは毛周期と呼ばれているもので、成長期、休止期、退行期の順に髪の毛はサイクルを繰り返し、退行期に入ると毛が抜け落ちる段階になるのですが、変換された強制脱毛ホルモンでもあるDHTは生え始めた髪の毛に対して、休止期に入るよう作用させる性質が在るため、髪の毛が生えて来ても成長する事は無く、細く短い段階で抜けてしまうため、進行型の薄毛とも言われています。頭皮には大量の髪の毛が生えていて、フサフサの状態になるわけですが、正常な状態では退行期を迎えて毛が抜け落ちても、既に他の毛が生え始めており、常に成長と脱毛を一定周期の中で繰り返しているため、薄毛が生じる事はないわけですが、AGAの症状には生えて来た髪の毛を脱毛させると言う性質を持つ強制脱毛ホルモンの働きにより髪の毛が成長する前に抜けると言う事を繰り返してしまうため、最初は若干薄くなった状態の症状でも、そのまま何もせずに放置しておけば、抜け毛は進行する事になるため、髪の毛全てが抜け落ちてしまう可能性も高くなります。尚、AGA治療を専門に行う病院では患者さんの症状や進行具合などに応じて治療方法を定めて薄毛を克服する事が出来るようになっていますが、AGA治療と言うのは遺伝子検査や血液検査と言った症状を特定するための診断、そして医薬品の副作用および効果などを診断する事が重要と言われています。

AGAに悩む人は意外と多い

薄毛に悩む人の数は年々増えていると言われています。薄毛になる原因は色々な事が挙げられますが、食生活の乱れやストレスなども薄毛の原因と考えられており、社会でのストレスにより薄毛が発症する事も在れば、欧米化の食生活、加工品を中心とした食生活、外食が多く肉類を多く摂るなど、昔と比較すると生活スタイル全体が薄毛を呼び起こす要因とも言われており、AGAと言った脱毛症の症状を持つ男性も多くなっていると言います。AGAは遺伝子による要因が強い脱毛症で、主に20~30代の比較的若い男性に多くみられる薄毛です。AGAが注目されているのは、進行型の薄毛であり、そのままにしておくと全ての毛が抜けてしまう恐れがあるからなのです。円形脱毛症などの場合は、そのままにしておいた場合、知らない内に治っていると言う事が在りますが、AGAは何もせずにいれば脱毛が進行してしまい、髪の毛全体を失う事にも繋がると言う事です。頭皮ケアを行う事も大切ですが、AGAの症状を持つのか否かは専門病院での検査を受ける事で明確となり、現在の進行具合に応じた治療法で薄毛を克服する事が出来るようになっています。尚、AGA治療は単に薬を服用して治療を受けるのではなく、現在の生活スタイルや食事などの見直しを行う事やストレスなどを抱えている場合には、ストレスを取り除く方法を見出すことが重要となります。過労などでストレスを抱える事で薄毛の症状が悪化してしまう恐れがある事からも、仕事などに対する取り組み方についても検討する必要が在りますし、毎晩大量にお酒を飲むと言う場合など、睡眠不足とアルコールと言った2つは薄毛を進行させてしまう要因でもあり、アルコールを控える事や睡眠時間を作る事も薄毛治療には大切です。

AGAに効果のある治療薬とは

AGAの治療薬にはプロペシアが在りますが、プロペシアはフィナステリドが1mg含まれているAGAの特効薬になります。AGA治療を専門に行う病院では、独自に開発した医薬品を処方して治療を行える所も在りますが、プロペシアは脱毛症を引き起こす要因でもある5α-還元酵素を阻害する作用が在るため、服用する事で脱毛症を克服する事が出来るようになります。尚、プロペシア以外にもジェネリック医薬品として、フィンペシア、エフペシア、フィナバルド、フィナロと言った治療薬も登場しており、ジェネリック医薬品と言う事からも、プロペシアよりも値段が安く購入が出来ると言ったメリットを持ちます。尚、これらのジェネリック医薬品はインドの製薬会社が製造および販売を行っているもので、日本で購入する場合には個人輸入代行を行っている通販サイトを利用する形になります。因みに、プロペシアと言うのは特許期間が過ぎていないので本来ならばジェネリック医薬品は存在していない事になりますが、インドの場合は特許制度と言うものが無いため、特許切れになっていない医薬品のジェネリックを製造販売する事が出来ると言う事なのです。尚、これらの医薬品以外にもプロスカーと呼ばれている医薬品もAGA治療薬の一つになります。但し、プロスカーはフィナステリドが5mgの錠剤になっているため、利用する時にはピルカッターを使って5等分にして服用する必要が在りますが、フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬でもあり、前立腺肥大症の治療にはフィナステリド5mgが必要になる事からも、プロスカーの成分量が5mgになっているのです。また、5mgの錠剤と言うのは5等分すれば5日分の薬として使用する事が出来るため、経済的な魅力を持つ事からも利用されている人もいます。